スペインのサッカー・リーグ、リーガ・エスパニョーラの名門チーム
FCバルセロナの前監督ティト・ビラノバ(フランセスク・ビラノバ)氏が、
4月25日に甲状腺がんのためバルセロナ市内の病院で死去したことが報じられた。
ビラノバ氏はスペイン・カタルーニャ州出身、1968年9月17日生まれ(45歳没)。
34歳でサッカー選手としての現役を引退後、アシスタントコーチなどを経て、
2012年にFCバルセロナの監督に就任したが、2012年12月に耳下腺腫瘍が再発、
2013年7月に健康上の問題を理由に監督職を辞任していた。
心よりご冥福をお祈りいたします。
夫人との2ショット ranking
(PR) 動物園で撮った家族の写真

-注目記事-
メッシに第一子!恋人のアントネージャが出産(画像)
本田圭佑の妻は同学年の元保育士(画像)
長友佑都の姉が美人過ぎると話題に(画像)
【訃報】サッカー・ベルギー代表ジュニオール・マランダが事故死(画像)
ワンバックが同性婚!お相手はチームメイトのサラ・ハフマン(画像)サッカー女子アメリカ代表