腰痛の悪化のために5月26日から休養している、プロ野球東北楽天ゴールデンイーグルスの
星野仙一(ほしの せんいち)監督が、東京都内の病院での検査の結果、
腰椎椎間板ヘルニアと胸椎黄色靱帯骨化症と診断されたことが報じられた。
黄色靭帯骨化症は原因不明で治療法未確立、厚生労働省が特定疾患に指定している難病で、
当面の監督代行は佐藤義則投手コーチを軸に調整が進められているもよう。
胸椎黄色靭帯骨化症とは ranking
(PR) プロ野球をここまでダメにした9人

-注目記事-
林葉直子が末期の肝硬変で激やせ(画像)
FC岐阜の恩田聖敬社長(36)がALS筋萎縮性側索硬化症を公表(画像)
ジョニー大倉(本名:朴雲煥)が肺がんで入院、長男は俳優の毛利ケンイチ(画像)