女子バレーボール日本代表監督としてミュンヘン五輪で銀メダルを獲得したことで知られる、
バレーボール指導者の小島孝治さんが、5月27日、肺炎のため死去したことが報じられた。
小島孝治(こじま こうじ)さんは大阪府大阪市出身、1930年6月29日生まれ(83歳没)。
関西大学商学部を卒業後、四天王寺高等学校監督経て、日紡貝塚女子バレーボール部
(後のユニチカ・フェニックス、現在は東レ・アローズに継承)監督、
全日本代表監督などを歴任、近年では近畿バレーボール連盟の会長を務めていた。
なお通夜は28日、告別式は29日に大阪市内で営まれ、喪主は長男の寿雄さんが務める。
心よりご冥福をお祈りいたします。
小島孝治さんの画像 ranking
(PR) 動物園で撮った家族の写真

-注目記事-
菅山かおる 帝王切開で出産!夫はビーチバレー西村晃一(画像)